パーソナルカラー診断を受けた話⑥後日談

前↓

①自己診断では
②揺れる自己診断
③ドレープ(布)をあててみた
④自分にあったメイク(とアクセの話)
⑤骨格診断の話

 

診断を参考にして変化した自分の印象

f:id:chagamasun:20180130211845p:plain

パーソナルカラーと骨格診断すごい!

 

今までフイ打ちで鏡やガラスに映った自分を見た時
自分と気づかずに「ブスだなぁ」「デブだなぁ」とか思ってたのですが、それがめっきり回数少なくなりました。

 かといって可愛い!とかきれい!とかは思うわけではないですが(笑)やっとこさブスが普通レベルになれたかと思うと嬉しいです。受けてよかった。

 

まだまだ、サマーやウィンターが該当する色味の服が多く、骨格でもウェーブが似合うんだろうなぁ、という形の服がかなり多いので、ちょっとずつ自分が似合う服でクローゼットを埋めていけたらいいなぁ、と思います。

 

パーソナルカラーを受けて本当に良かったと思えるのが、単純に色選びに失敗しにくい分、買い物でも失敗しにくく、着ない服がクローゼットの中から消えつつあること

そしてなにより、慎重に服選びができるようになったことが大きいです。
色味を見て「本当に自分に似合う服なのか?」と考えるついでに
「本当にこの服は自分相応のものなのか」「形は自分に合っているのか」
などを考えるようになり、今はクローゼット入れ替えしているのでそこそこお金はお財布から出ていくものの、慎重に考えて買う分、長く使える素材のものを選んだり、自分で手入れできる洗濯表示のものを買ったりと長期的に見れば節約につながってるんじゃないかと思ってます。

 

他人は自分のことをちゃんと見てる

ちょっとびっくりしたのですが

今まで旦那さんから貰った小物が全てスプリングカラー中心だったり、友人から頂いたアクセサリーがシルバーとゴールドが一緒になったものだったりと、周りの人が割と的確に私に似合うものをプレゼントしてくれていました。

 

みんな、私のことよく見てくれているんだなぁ、と嬉しくなりました。
逆にみんな以外とちゃんと見てくれているんだから、雑な身だしなみではいけないな!と気が引き締まる思いです…。

 

 

最初はセルフ診断で良いと思う

ここまで「パーソナルカラーを受けてよかった!すごい!」みたいな記事を書いてきましたが、まずは無料で行えるネットのセルフ診断で十分だと思います。

私の場合はセルフ診断の時点で迷走して、選んだ色をことごとく周りから「似合わない!」とはっきり言ってもらえたので、プロに診てもらうという選択に至りましたが、「セルフ診断でこんなカラーだった。ちょっと着てみよう」でいいと思います。

それでちょっと着てみて似合っていたら「ラッキー!」と思えばいいですし、似合わなかったら「私はこの色似合わないのを知れた!ラッキー!」でいいと思います。

 

セルフ診断で躓きやすいイエベとブルベの判断方法もちょっと書きました

www.chagamasun.com

 セルフ診断でもわからなかったり、納得ができなくてモヤモヤするのだったらやっぱりそこはプロに診てもらうのが一番でしょう。鏡の前で当てる布が変わるだけで、顔の印象が変わっていくのは面白いので、個人的にもこういうレポ記事を書いて誰かの背中を押せれば幸いです。

 

クローゼットの中も整理して、自分の骨格に合わないものは捨ててみました
ガウチョ買うのやめました