初心者にもオススメのクリスタの使い方①カスタマイズ編

f:id:chagamasun:20180130223621p:plain

 

カスタマイズ編←今ここ
おすすめペン編
使えそうな機能編
それっぽい背景編

 

クリスタを使う上で最初にしておきたいカスタマイズからの説明です。
クリスタを使う前に一度設定しておけば間違いなく後から楽になる作業です。

公式サイトはこちら→CLIP STUDIO PAINT EX

 

 

 

ウィンドウを追加したり削除したりする

 

必要なウィンドウを追加したり削除したりします。上のメニューバーのウィンドウをクリックすると色々なウィンドウの追加ができるので自分に必要なものの取捨選択をしていきます。

私は以下のようにほぼすべて追加しています

f:id:chagamasun:20180130224139p:plain

 

f:id:chagamasun:20180130224154p:plain

ほぼ全部使ってますが、割と画面はスッキリしています

f:id:chagamasun:20180130224206p:plain

素材ウィンドウを開いてもこんな感じです。参考程度にどうぞ

 

ちなみに各ウィンドウは

f:id:chagamasun:20180130224220p:plain

 星マークがついた部分はクリックしながらドラッグするとウィンドウの位置を変更したり、ウィンドウを一緒にしたりできます。自分の使いやすい位置にカスタマイズをしてみましょう。

 

あれば便利なおすすめのウィンドウ

①ナビゲーター

f:id:chagamasun:20180130224232p:plain

どれだけ拡大しても縮小しても描いているものの全体を表示してくれるウィンドウです。大きめのイラストを描く時には拡大して描いているといつの間にかバランスがかなり崩れている時があるのでここで確認しながら描いたりします。

サムネイルをイメージするのにも便利。

 

②サブビュー

f:id:chagamasun:20180130224246p:plain

サブビューに表示している画像がテキトーです。ナビゲーターと一緒のところに入れてます。参考画像を表示できるウィンドウです。

描きたいキャラとかをサブビューに置いておけばわざわざネットでキャラの参考画像を検索しながら、という手間も省けますし、スポイトで色を採ることもできるので、キャラの色をそのまま塗りたいとかいう場合にも使えます。

 

上記の2つですかね。あとは各自の好みや使う頻度な気がします。

 

 

筆圧を変えてみる

 

上記メニューバーのファイル→筆圧検知レベルの調整でクリスタ全体の筆圧を変更することができます。

f:id:chagamasun:20180130224303p:plain

とても筆圧が弱い or 強くて思ったような線が引きにくい…という場合はここを変更してみると良いかもしれません。

クリック後、筆圧の自動調整の画面を表示したまま、キャンバスに試し書きをすると勝手に筆圧を調節してくれます。

 

 

環境設定を見てみる

 

ファイル→環境設定

ファイル→環境設定で沢山の設定が変更できる画面が出てきます

f:id:chagamasun:20180130224316p:plain

例えば

 

・インターフェース→カラー

f:id:chagamasun:20180130224329p:plain

インターフェース→カラーで画面全体の濃淡を変更することができます

私は目に優しい気がするので濃色を設定しています。

比較すると下記の感じ

f:id:chagamasun:20180130224341p:plain

淡色、濃色の中でもまた濃淡が設定できるのでお好みの暗さにしてみましょう。

 

・カーソル→反転カーソルの表示位置

f:id:chagamasun:20180130224356p:plain

大きいサイズを描く人はカーソルが手ぶれなどによって遅延しやすいのでこれを変更しておくと遅延しにくいです。

カーソル設定では形状の変更できるので、色々試してみると面白いかもしれません

 

・パフォーマンス→取り消し

f:id:chagamasun:20180130224409p:plain

取り消し回数の変更ができます。

通常200に設定してあると思いますが、それ以上戻すこともできるのでCtrl+Z等で多く取り消し作業をすることがある人は回数を増やしてもいいかと思いますが、多くすれば多くするほど動作が重くなります。

でも基本的には100ぐらいで十分かな~と思います。

 

・キャンバス

f:id:chagamasun:20180130224521p:plain

キャンバスでは透明部分にあたる表示色の変更や、表示倍率の追加&削除ができます。

透明部分の表示色1と2を同じ色にすると透明部分があの格子模様ではなく、単色になります。

拡大縮小をする際に「ああーーこの倍率とこの倍率の間があれば描きやすいのにー!」という経験があるひとは表示倍率の欄で追加することができます。

 

 

他にも環境設定はたくさん変更できたりカスタマイズできるので、是非色々見てみてくださいね。

 

公式サイト→CLIP STUDIO PAINT EX